recruit

recruit

スタッフインタビュー

他のインタビューを見る

加藤 美季

「お客様のため」は「自分のため」

「Anフランス屋アクア店」には、幅広い年代のお客様それぞれの「キレイ」を実感していただけるような商品が揃っています。それだけに、接客の中で勉強できることも多く、毎日楽しみながら成長できていると実感しています。

入社した当初は「売る」ことにこだわり、売り上げが思うように上がらず落ち込んだ時期もありました。しかし、フランス屋の方針「お客様にいかに綺麗になっていただくかを最優先」に立ち返り、お客様の立場で親身になって接客する事により、自然と売り上げがついてくるようになりました。
お客様が満足してくださり、私もその笑顔に喜びを感じることができる。売り上げもついてきてくれる・・・とても素敵なお仕事じゃないですか?
今では、お客様の綺麗をお手伝いできる喜びを純粋に感じる事ができています。

成長できる喜び

4年目になる今年、店長という大役を任せていただけることになりました。指導される側から、指導する側の立場になり、正直プレッシャーを感じています。ただ、私が率先して楽しみながら接客する事で、みんなの良いお手本になりたいと思っています。自分が経験してきた事、学んできた事を活かしながら、明るい、イキイキとした売り場を目指してがんばります!

フランス屋の良いところは、スタッフ同士とても仲が良く、先輩や本部の方までもが相談相手になってくれるような、風通しの良さです。とても成長しやすい環境だと思いますので、ぜひ私たちと一緒にお客様と自分自身のためにがんばっていきましょう!

他のインタビューを見る